白大島紬の特徴は何で着る季節や場面はいつ?コーディネートで合う帯は?

白大島や大島紬はお値段も高くて、高級着物だと言われますが、白大島紬とはどんな着物で、大島紬とはどう違うのでしょうか。また、白大島はいつ、どのような場面で着る着物なのでしょうか。着物通なら一つは持っていたい白大島ですが、そんな白大島を着るときの、帯を合わせるコーディネートについてまとめてみました。

お召しの着物の見分け方とは?格や特徴の違いと種類にはどんなものがある??

近頃、アンティーク着物やレトロな古典柄の着物を、お洒落な街着として楽しんでいる人を多く見かけます。少し前までは、訪問着や小紋の染の着物が主流でしたが、いま若い女性の間では御召や銘仙など、織りの着物が人気です。その御召の着物とは、どういう着物のことを言うのでしょうか。風合いや着心地、独特な織り方など御召の特徴と、着用する時の格や見分け方について、お伝えします。そして、多種多様な織り方や色遣いなどを誇る、御召の産地と種類をご紹介します。

帯揚げの種類と選び方 振袖などのフォーマルからおしゃれな着物の格に合わせたコーディネートは?

きものと帯の間にふんわりと結んで入れる帯揚げは、帯の形を美しくするための大切な小道具のひとつです。帯揚げは帯枕にかけて用いますが、帯揚げを正しく使うことによって、帯枕で作ったお太鼓の山のシワを取り、さらにきれいに整えます。帯揚げは素材や色柄ともに 種類のバリエーションは豊富です。選ぶときのポイントは、 やはり着物の格や季節に合わせることです。着物と同じように、小物選びにもTPOがあることを覚えておきましょう。

単衣の着物を着る時の長襦袢の選び方は?適した素材 色使いと半衿の素材は?

単衣の着物を着るときの長襦袢の選び方に、悩まれている方が多いようです。着る場面によっての決まりごとがあって、きものは難しいと感じられる方が多いのですが、 地球温暖化の影響もあって、時期と体感温度が昔とは違ってきているようです。そんな時「〇月だから、これを着なければいけない!」とか、「〇月になったら、それは着てはいけない!」などというのはナンセンスだと思います。そんなことを言うから、着物を着ようと思う人が少なくなるのは当たり前ですね。暑いから、涼しいように、寒いから暖かいように着るのが衣服の目的でもあるわけで、自分自身がどう感じるかが基本です。加えていうなら、観ている人の目に暑苦しく感じたり、寒そうに見えないこと、着ている人が心地よく着物を着ていると見えるのがポイントです。単衣の着物を着るときの長襦袢の選び方や、半衿についてまとめました。

結城紬と大島紬の違いと見分け方とは 特徴や歴史と着こなしの楽しみ方は

結城紬や大島紬、紬をさりげなく着る女性って素敵ですよね!そんな結城紬と大島紬の違いってご存知ですか?店頭で、もしくは着ている人を見て、大島か結城かって見分けられますか?結城紬の特徴についてまとめてみました。紬を知って着こなしを楽しんでください。

大島紬の着物とはいつ着るどんな着物?製造工程 技法の特徴と色や模様の種類は?

「大島紬は高い!」着物に興味がない方には、そんな情報だけが伝わっているようですが、大島紬とはどんな着物か、その工程の緻密さを知って頂ければ納得できるはずです。着物のおしゃれを楽しみたい人は、ぜひ大島紬とはどんな着物かを知って、大島紬の良さを肌で感じてください。