単衣の着物を着る時の長襦袢の選び方は?適した素材 色使いと半衿の素材は?

単衣の着物を着るときの長襦袢の選び方に、悩まれている方が多いようです。着る場面によっての決まりごとがあって、きものは難しいと感じられる方が多いのですが、地球温暖化の影響もあって、時期と体感温度が昔とは違ってきているようです。そんな時「〇月だから、これを着なければいけない!」とか、「〇月になったら、それは着てはいけない!」などというのはナンセンスだと思います。そんなことを言うから、着物を着ようと思う人が少なくなるのは当たり前ですね。暑いから、涼しいように、寒いから暖かいように着るのが衣服の目的でもあるわけで、自分自身がどう感じるかが基本です。加えていうなら、観ている人の目に暑苦しく感じたり、寒そうに見えないこと、着ている人が心地よく着物を着ていると見えるのがポイントです。単衣の着物を着るときの長襦袢の選び方や、半衿についてまとめました。

色無地の着物のコーディネート 紋と格式 色や地紋の選び方と小物の合わせ方

色無地の着物は、多彩な模様染めの着物と違い、用途に応じて着分けることができる、利用範囲の広い一色染めの着物です。一枚の着物が、帯や小物で見違えるほど印象が変わるのも、色無地の着物の特徴です。色無地の着こなしをマスターすれば、きものの楽しみ方がぐっと広がります。いろいろな場面の色無地のコーディネートで、着物の世界を広げて下さい。

振袖とは 未婚女性の第一礼装 成人式や結婚式に着るときの着こなし方は?

振袖とは、どのようなきもののことを言うのでしょうか。袖丈が長い着物ということはわかっていても、どのくらいの長さがあるものなのでしょうか。背の高い人と低い人で、振袖の袖の長さはどう違ってくるのでしょうか。模様の付き方や、色柄など、振袖を選ぶときの、選び方のポイントは何なのでしょうか。帯も結び方や、小物の合わせ方で、知っておきたい着こなしのポイントをまとめました。振袖を選ぶときのご参考になればと思います。

浴衣の履物 下駄の歴史とは?サイズの選び方と鼻緒ずれで痛くならない方法は?

浴衣を着た時の履物は下駄です。涼しげに浴衣を着こなすには足元も涼しげに、素足に下駄を履きますが、そんな下駄の歴史についてまとめてみました。そして、下駄を選ぶとき、どんなことに注意すれば、自分に合った下駄を見つけることができるのでしょうか。また、普段履きなれていない下駄を履いて、鼻緒ずれで困っている人を良く見かけますが、痛い鼻緒ずれにならない方法について、提案したいと思います。ぜひ参考になさってください。

失敗しない着物の買い方と選び方 訪問着と付け下げ 小紋を着分ける方法

着物を買いたいと思っても、どこへ行けばいいのか、どんな品がよいのか洋服なら迷わず選べても、どうすれば悔いのないきもの選びができるのでしょうか?『いざというとき』は、人によって違いますが、『洋服ではちょっと…』というときや、改まったお洒落をしたいとき、きものは祝賀会やパーティーに一枚あれば便利!ということもあります。そんな着物の選び方についてまとめてみました。

結城紬の特徴とは 大島紬との見分け方とその歴史と着こなしの楽しみ方は

結城紬や大島紬、紬をさりげなく着る女性って素敵ですよね!そんな結城紬と大島紬の違いってご存知ですか?店頭で、もしくは着ている人を見て、大島か結城かって見分けられますか?結城紬の特徴についてまとめてみました。紬を知って着こなしを楽しんでください。

浴衣と着物の違いを知って 大人っぽい 粋な着こなしを楽しむ方法とは?

夏になると、花火大会や夏祭りなどで、若い女性の浴衣姿をよく見かけるようになります。やはり日本人は浴衣がよく似合いますね。でも昔に比べて、浴衣の色や柄が随分変わってきました。色使いも鮮やかでビビットな原色が多く、柄も斬新な抽象柄や大胆な幾何学模様が多く見られます。みなさん夏の夜を満喫しているようで、楽しそうでいいなぁ~って思いますが、少々暑苦しさを感じるのは私だけでしょうか?やっぱり浴衣といえば、定番の藍染ゆかたが一番です。若さ弾ける時代は良いとして、もう少し大人になった女性には、しっとりとした艶やかさや、涼しげで粋な着こなしをお勧めします。毎年、新しいデザインの浴衣を買って着るという人もいますが、チョットいい浴衣をひとつ持っていれば、長く着ることができますよ!大人っぽい粋な着こなしをご紹介します。

単衣の着物の季節はいつからいつまで?初夏と初秋 薄物の季節の合わせ方は?

単衣の着物を着る季節はいつごろからなのでしょうか?五月といえばもう初夏、四月でもお天気のいい日は、ちょっと汗ばむくらい暑い日があります。そんな時は、もうそろそろ単衣を着ても良いのでは?って思いますよね。単衣の着物は、いつからいつまで着られて、初夏や初秋、 盛夏に着る薄物の季節の合わせ方などを、まとめてみました。暑くなるこれからの季節の着物の合わせ方の、参考にしてください。

訪問着とは、いつ着る着物で柄の付き方や紋の付け方 コーディネートの仕方は?

訪問着、それは華やかで、それでいて落ち着いた大人の女性を感じさせます。どこかを訪問する時に着る着物だから訪問着っていうの?訪問着はいつ、どういう時に着る着物かということですが、訪問着の用途はとても広いのです。着るものはTPOに合わせると言います。『時、所、場合』 訪問着は、その着こなしでどのようにでも合わせることができる、便利な“よそいき”の衣装です。訪問着の着こなしというと、難しいきものの仕来りのように感じますが、基本は『相手を思い合う心』きものの着こなしは、これに尽きると思います。

黒留袖とはどんなきもの?模様の選び方と帯や小物 着こなしはどうする?

黒留袖は祝儀に用いるフォーマルな着物です。現代では、黒留袖は、結婚式や披露宴に出席する、新郎新婦の母親や、お仲人夫人、そして親族の既婚女性が着用する着物となっていますが、黒留袖は、既婚女性の第一礼装ですので、既婚女性が儀式などの式典や授賞式などに出席する場合最もふさわしい正装です。ただし、宮中では黒は喪の色とされているため、黒留袖は用いられず色留袖が用いられています。一般の人でも叙勲などで宮中に参内する場合は、色留袖を着用するのが慣例になっています。

着物の種類の見分け方『染め』と『織り』とはどう違う?用途と格について!

着物の種類の見分け方、きものには染と織りがあります。きものが普段の生活から遠ざかり、着物の常識を難しく思う人が多くなったかも知れません。でも、そんなことはありません!きものの種類には、基本的に『染め』と『織り』の二つだけです。この違いによって、フォーマル度や、着物の雰囲気が変わってくるのです。それを知れば、着物の用途や格についても、見分けることは難しくありません。

着物の種類の見分け方は? 付け下げと訪問着 付け下げ訪問着の違いは何?

着物の種類の見分け方で、付け下げと呼ばれるものは、どういう着物のことをいうのでしょうか?訪問着と付け下げ訪問着はどう違うのか、わかりにくいですよね。付け下げ、訪問着、付け下げ訪問着、そして付け下げ小紋、それらの違いを、仕立てる前の状態・柄付け・八掛・用途について、どのように違うのかをまとめました。

卒業式の袴の着付け 着物の選び方と自分で簡単にできる着方に必要なものは?

卒業式は是非とも着物で!さらに卒業式は袴姿で列席すると、一段と気分も上々!感激もひとしおです。卒業式の袴の着付けは簡単です。自分の振袖に合わすもよし!今流行りのおしゃれな袴セットをフルレンタルするのもよし!卒業式の思い出づくりはやっぱり袴姿ですね!自分で簡単にできる卒業式の袴の着付けについてご案内します。

小学校の卒業式 袴レンタルの選び方 着付けの注意点と着崩れの直し方

小学校の卒業式でも袴姿が増えてきています。卒業式に袴というと、大学や専門学校の卒業式で、定番のスタイルとなっている袴ですが、小学校を卒業する小学6年生の娘さんの、「私も袴を着たい!」という希望に、どうしようかと悩まれている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。小学校の卒業式に袴を着ることにした場合、どのような注意が必要になるのか、まとめてみました。

初釜に着ていく着物に紋は必要か?色無地か訪問着か?帯の合わせ方は?

新年のお茶会『初釜』には、どのような着物を着ていけばいいのか、その着物には紋が必要なのか、色無地と訪問着、どちらが相応しいのか、お茶会のお誘いを受けても、悩むことがいっぱいです。初釜というお茶会での着物の選び方と、帯の合わせ方についてまとめています。

着物レンタル 京都でおすすめはココ!京都きものパスポート入手方法も!

京都の町をキモノで歩くと お得です!『キモノ割引』って知ってますか?着物を着ていると、お安くなったり、お得なサービスがあったり、とにかく『きものパスポート』は持っておいた方が良いですよ!『きものパスポート』アプリはこちらから無料ダウンロードできます。

大島紬とはどんな着物でいつ着る着物?技法の特徴と色や模様の種類は

「大島紬は高い!」着物に興味がない方には、そんな情報だけが伝わっているようですが、大島紬とはどんな着物かを知って頂ければ納得できるはずです。着物のおしゃれを楽しみたい人は、ぜひ大島紬とはどんな着物かを知って、大島紬の良さを肌で感じてください。

着物に合った帯の種類の見分け方 丸帯・袋帯・名古屋帯・半幅帯の違いは?

着物を着るとき、どの着物にどんな帯を合わせると良いのか難しいですね。帯にはいくつかの種類があり、着物によってに相応しい帯があります。室町時代から発達してきた帯は、時代とともに変化し、現代のような形になりました。帯の名称や使い分けは、帯幅や帯の仕立て方、時には素材や用途によって異なります。

着物のたたみ方 本だたみを図解で説明 簡単なお手入れと保管の仕方

着物のたたみ方は難しそうに感じますが、実はとっても簡単なのです。何故なら、着物の形自体がとっても単純な形だからです。その形の成り立ちを知ってしまえば、たたむことも難しくはありません。自分でできる簡単なお手入れや保管の仕方もトライしてみてください、『習うより慣れよ』です。

袷の着物を着る時期はいつからいつまで?長襦袢や小物の合わせ方は?

袷の着物を着る時期はいつからいつまでなのでしょうか?着物を着るときに気になるのが、「この着物は今着てもいいのだろうか?」って、着る着物に悩んでしまうことですね。決まりごとに縛られていて、面倒臭いと思われていませんか?着物も洋服と同じ『衣服』です。「暑いなー!」とか「寒いよー!」その感覚で着ればいいと思いますよ!

七五三の着物は購入するかレンタルするか 3歳・5歳・7歳 由来と寸法は?

七五三のお参りをする子供さんの姿って可愛いですね!一生に一度ですから是非とも写真に残しておきたいですね。やっぱり着物を着せてやりたいと思うのは親心。わかります。七五三の着物を買うか、レンタルするか迷ってしまいます。どちらがどんなふうに良いかということをまとめてみました。また、選ぶときの寸法についても、ご覧ください。

着物の着付けに必要なものの選び方 最低限必要なもののチェックリスト

着物を着ようと思ったときに、着物の着付けに必要なものが揃っていたら便利ですよね。でも、どんなものをそろえておくといいのか、そんな着物の着付けに必要なものの選び方をお伝えします。最低限必要なものをチェックリストを作って、用意しておきましょう。