きもの お着楽ざんまい

着物を愛する人が着物の基本を踏まえたうえで、基本に縛られることなく応用し、個性を発揮し、何よりも着物を大いに楽しんで欲しいと願います。

羽織を着る季節はいつで道行コートとの違いは?種類やコーデのコツとアレンジ

羽織をうまく着こなせたら、 きものの装いは、もう一人前ですね! そんな羽織を着る季節はいつからなのか、 また、羽織や道行、道中着といったコートの、 装い方の違いは何なのかをお伝えします。 羽織にはどん …

博多献上帯とはどんな帯 伝統工芸品博多帯の献上柄と着物のコーディネートは?

2018/10/09   -
 ,

献上柄の博多帯は、 着物が好きな人なら是非とも持っていたい帯のひとつですね。 博多帯は締めやすく、着崩れがしにくいので、 普段の着物やちょっとしたお出かけ着に最適です。 そんな博多織の帯、博多帯につい …

七五三に母親が着る着物の種類で相応しいのは色無地と訪問着 どっち?

七五三のお詣りで子供には晴れ着の着物を用意したけど、 一緒にお詣りする母親や父親は、 何を着て行けばいいのか悩んでしまいますね! せっかくの七五三ですから、 お母さんも着物で参列しようとお考えの方も多 …

黄八丈の歴史とは?染め方や色の特徴と黄八丈の着物と帯のコーディネート

2018/09/10   -着物の素材, 織り
 

黄八丈というと、 黄色い格子柄のきものをイメージしますが、 本来は伊豆諸島の八丈島で織られている絹織物の総称です。 そんな黄八丈の歴史についてご存知ですか? 黄八丈にはどんな種類があるのか、 その染め …

久留米絣の着物を着る季節はいつ?生地の特徴と製作工程 柄の種類と歴史

2018/07/30   -着物の素材, 織り
 

久留米絣の着物を着る季節はいつなのでしょうか? 普段着のきものを楽しむのなら、 久留米絣は最高におしゃれです。 久留米絣の生地の特徴や製作工程、 柄の種類や久留米絣の歴史についてまとめてみました。

着物の文様の種類と和柄の持つ意味とは?時代様式に見る伝統文様の歴史

2018/07/26   -文様と柄
 

着物の文様とは、模様のことですが、 家紋や地紋も文様表現のひとつです。 きものや帯に、色糸で織り出されたり、 色彩で描かれたりする文様は、数え切れないほどの種類があります。 それらは卓越したデザイン性 …

帯締めの組み方の種類は?TPOの格や季節と着物や帯に合わせる選び方は?

2018/07/18   -和装小物
 

帯を締めるときの帯締めには、 どのような種類があるのでしょうか? 組み紐という技術で作られる帯締めには、 いろいろな組み方の種類があるのです。 そんな帯締めが、 いつから用いられるようになったのでしょ …

小紋の着物はいつ着るきもの?どんな種類があって合わせる帯との着こなし方は?

小紋の着物は、おしゃれ着として楽しむ型染のきものです。 着物の魅力に気づき、ちょっとしたお出かけや、 お買い物など、普段の生活にきものを着たいという人にとって、 小紋の着物はとても便利なきものです。 …

夏大島とはどんな着物?特徴は何で着る時期や帯の合わせ方で注意することは?

暑い夏も、粋に着物を着こなしたいと思われる方にとって、 夏大島ほどピッタリな着物はありません。 着物好きな方に大人気の夏大島ですが、 いったい夏大島とはどのような着物なのでしょうか。 夏大島の特徴とは …

結婚式に振袖は何歳まで着られる?服装マナーで既婚者は黒留袖を着るの?

結婚式に招待された時、 振袖は何歳くらいまで着られるのでしょうか? やっぱり結婚式に招待された時は、 華やかに振袖でドレスアップしたいですよね。 着物、とくに振袖はゴージャスで、 見栄えが良いです! …

芭蕉布の特徴とは?芭蕉布の着物や帯の楽しみ方 着こなしやお手入れは

2018/06/07   -着物の素材, 織り
 

盛夏に着る薄物の着物や、 夏のお洒落帯に用いられる芭蕉布の特徴とは、 どのようなものでしょうか? 芭蕉布の特徴と、芭蕉布のきものや帯の楽しみ方、 また、芭蕉布の着物を着るときの着こなしや、 お手入れの …

二部式襦袢と長襦袢の違いはどこ?うそつき襦袢や大うそつき襦袢とは何?

洗える二部式襦袢は、便利で楽だと人気です! いま話題の洗える二部式長襦袢をご紹介します!

浴衣のきれいな着方のポイントは裾合わせと衿袷わせ おはしょりのコツ

2018/04/24   -ゆかた
 

夏の夕暮れには浴衣を着て、 夏祭りや花火大会にお出かけしたいですね。 ゆかたの着付けは、 裾合わせと衿袷せが決まればバッチリです。 浴衣のきれいな着方のポイントを、 手順を追って説明しています。 あと …

麻の着物の種類 越後上布・小千谷縮・からむし織・宮古上布・八重山上布

蒸し暑い日本の夏に涼を呼ぶ素材として、 麻があります。 麻は、江戸時代に木綿が一般的になるまでは、 夏冬を問わず庶民が着ていた素材です。 着物に用いられる麻は、洋服素材の麻(亜麻・リネン)と違って、 …

牛首紬とはどこで織られている紬で 牛首紬の特徴や牛首紬に合う帯は何?

2018/04/19   -着物の素材, 織り
 

紬の風合いは大好きですが、 とくに牛首紬は最高です。 軽くて薄くて丈夫! この良さは一度着たことある人ならわかるはずです。 そんな牛首紬がどこで、 どのようにして織られているのか、 牛首紬の特徴ととも …

着物の身幅直し方 足りない身幅を出す方法 大きいヒップで身幅が足りない場合

2018/04/17   -和裁
 

アンティークフェアには素敵なきものがいっぱい出展されていました。 アンティークフェアの楽しみは、 掘り出し物に巡り合えることです。 ただし、 よく吟味しないとただの古着を買ってしまうことになります。 …

染め帯のコーディネート 洒落袋帯と名古屋帯の季節感と染めの技法のポイント

2018/04/15   -
 ,

『きもの一枚に帯三本』とよく言われますが、 とくに小紋や紬のようなおしゃれ着には、 帯にもお洒落を楽しみたいものです。 お洒落着のきものをおしゃれにするもしないも、 帯次第といったところでしょうか。 …

きものの着付け 体型補正のポイントときれいな衿袷のコツ 衣紋の抜き方

2018/04/13   -着付け
 

着物を着るとき、また、着物を着付けるときに、 覚えておきたい着付けのポイント。 美しく着付けられて、着崩れしないための体型補正や、 個性にあった衿袷のコツ、 衣紋の抜き加減について、 そのポイントをま …

白大島とはどういう着物?季節や場面はいつ着るの?コーディネートは何を合わす

2018/04/12   -着物の素材, 織り
 

白大島や大島紬はお値段も高くて、 高級着物だと言われますが、 白大島とはどんな着物で、 大島紬とはどう違うのでしょうか。 また、 白大島はいつ、どのような場面で着る着物なのでしょうか。 着物通なら一つ …

御召の着物 お召の定義とは?格や特徴の見分け方と種類にはどんなものがある?

2018/04/11   -着物の素材, 織り
 

近頃、アンティーク着物やレトロな古典柄の着物を、 お洒落な街着として楽しんでいる人を多く見かけます。 少し前までは、訪問着や小紋の染の着物が主流でしたが、 いま、若い女性の間では御召や銘仙など、織りの …

帯揚げの選び方 絞りや綸子 縮緬などを着物の格に合わせたコーディネート

2018/04/10   -和装小物
 

きものと帯の間にふんわりと結んで入れる帯揚げは、 帯の形を美しくするための大切な小道具のひとつです。 帯揚げは帯枕にかけて用いますが、 帯揚げを正しく使うことによって、 帯枕で作ったお太鼓の山のシワを …

着物に付ける家紋の歴史 数と格式や付ける位置と表現方法 洒落紋とは

2018/04/09   -
 ,

紋とは家紋 紋章のことです。 ファミリークレスト (Family Crest) 世界で紋章を持つのは、ヨーロッパや米国の上流階級と、 日本だけといわれていますが、 日本では紋章を『紋』または『家紋』と …

デパートで着物を買う利点は?気軽に選べてコーディネートや適正価格がわかる

2018/04/08   -豆知識
 

デパートの着物売り場には、 多種多様な着物が揃っているだけでなく、 帯締めや帯揚げ、肌着、足袋など、 あらゆる和装小物が豊富です。 価格表示や品質表示もはっきりしているので、 安心して着物を買うことが …

白生地 産地の種類 三大縮緬 長浜の浜縮緬 京都の丹後縮緬 五泉の絽縮緬

2018/04/07   -着物の素材
 ,

白生地とは、どのような種類の素材のことを言うのでしょうか? きものには織りの着物と染めの着物があり、 糸の段階で染めたものを織り上げたものが織りの着物で、 そして、染めないままの糸を織りあげたものを白 …

絞り染めの歴史と技法 辻が花・京鹿の子・有松鳴海・南部絞りと模様の種類

絞り染めの歴史をご存知ですか? きものやゆかたに使われる絞り染めは、 豪華で模様も可愛く素敵ですが、 とても古くからあった染色の技法だったのです。 繊細な手仕事で作り出される素晴らしい技法が、 こんな …

単衣の着物を着る時の長襦袢の選び方は?適した素材 色使いと半衿の素材は?

2018/04/05   -和装小物
 ,

単衣の着物を着るときの長襦袢の選び方に、 悩まれている方が多いようです。 着る場面によっての決まりごとがあって、 きものは難しいと感じられる方が多いのですが、 地球温暖化の影響もあって、 時期と体感温 …

色無地の着物のコーディネート 紋と格式 色や地紋の選び方と小物の合わせ方

色無地の着物は、多彩な模様染めの着物と違い、 用途に応じて着分けることができる、 利用範囲の広い一色染めの着物です。 一枚の着物が、 帯や小物で見違えるほど印象が変わるのも、 色無地の着物の特徴です。 …

振袖とは 未婚女性の第一礼装 成人式や結婚式に着るときの着こなし方は?

振袖とは、どのようなきもののことを言うのでしょうか。 袖丈が長い着物ということはわかっていても、 どのくらいの長さがあるものなのでしょうか。 背の高い人と低い人で、 振袖の袖の長さはどう違ってくるので …

浴衣の履物 下駄の歴史とは?サイズの選び方と鼻緒ずれで痛くならない方法は?

2018/04/02   -ゆかた, 和装小物
 ,

浴衣を着た時の履物は下駄です。 涼しげに浴衣を着こなすには足元も涼しげに、 素足に下駄を履きますが、 そんな下駄の歴史についてまとめてみました。 そして、下駄を選ぶとき、どんなことに注意すれば、 自分 …

失敗しない着物の買い方と選び方 訪問着と付け下げ 小紋を着分ける方法

着物を買いたいと思っても、 どこへ行けばいいのか、どんな品がよいのか 洋服なら迷わず選べても、 どうすれば悔いのないきもの選びができるのでしょうか? 『いざというとき』は、人によって違いますが、 『洋 …

結城紬の特徴とは 大島紬との見分け方とその歴史と着こなしの楽しみ方は

2018/03/31   -着物の素材, 織り
 

結城紬や大島紬、 紬をさりげなく着る女性って素敵ですよね! そんな結城紬と大島紬の違いってご存知ですか? 店頭で、もしくは着ている人を見て、 大島か結城かって見分けられますか? 結城紬の特徴についてま …

浴衣と着物の違いを知って 大人っぽい 粋な着こなしを楽しむ方法とは?

夏になると、花火大会や夏祭りなどで、 若い女性の浴衣姿をよく見かけるようになります。 やはり日本人は浴衣がよく似合いますね。 でも昔に比べて、浴衣の色や柄が随分変わってきました。 色使いも鮮やかでビビ …

単衣の着物の季節はいつからいつまで?初夏と初秋 薄物の季節の合わせ方は?

2018/03/29   -着物の楽しみ方
 

単衣の着物を着る季節はいつごろからなのでしょうか? 五月といえばもう初夏、 四月でもお天気のいい日は、 ちょっと汗ばむくらい暑い日があります。 そんな時は、 もうそろそろ単衣を着ても良いのでは?って思 …

★お着楽ざんまい300×600

スポンサーリンク



きもの三昧関連コンテンツユニット