きもの お着楽ざんまい

着物を愛する人が着物の基本を踏まえたうえで、基本に縛られることなく応用し、個性を発揮し、何よりも着物を大いに楽しんで欲しいと願います。

着物のお手入れ後始末 アイロンをかけるときと半衿や下着 足袋の洗濯は?

着物のお手入れや後始末は面倒なものですが、 後回しにせず、脱いだらすぐに後始末をすることで、 着物はいつまでも美しく着ることが出来ます。 すぐにお手入れすれば取れる汚れも、 時間が経つと変化をして、落 …

琉球絣は沖縄の伝統工芸品 伝わってきた歴史と絣模様の種類 制作工程の手順

2018/10/19   -織り
 

琉球絣は沖縄の伝統工芸品です。 琉球王朝時代から伝わる『琉球かすり』のふるさと、 南風原町をご紹介します。 南風原町に琉球絣が伝わってきた歴史や、 琉球絣がこの地で織られるようになった経緯、 爽やかな …

江戸の友禅染 東京手描き友禅の特徴は町人文化を背景とした粋とモダンがコンセプト

江戸の友禅染 東京手描き友禅とは、どのような染めのことでしょうか。 東京手描き友禅は、江戸の町人文化を背景とした、 粋とモダンがコンセプトとされています。 江戸の友禅染 東京手描き友禅の歴史や染色方法 …

お茶会に着る着物の種類は色無地or江戸小紋?初釜や初稽古 大寄せのお茶席に

お茶会に着ていく着物、 しかも、 お正月の初釜という改まったお席での装いは、 気を使いますね。 自分を含め、周りの方に恥をかかせてはいけないと思うと、 どんな着物を着て行けばいいのか悩んでしまいます。 …

帯の柄付けの移り変わり 全通柄・六通柄・お太鼓柄その形の種類と帯結び

2018/10/13   -
 

きものの形とともに帯の形も移り変わってきました。 帯の形の変化によって柄付けも変化し、 全通柄・六通柄・お太鼓柄の種類が出来ていきました。 きものを着る場面に応じた着物の種類と、 その着物に締める帯の …

羽織を着る季節はいつで道行コートとの違いは?種類やコーデのコツとアレンジ

羽織をうまく着こなせたら、 きものの装いは、もう一人前ですね! そんな羽織を着る季節はいつからなのか、 また、羽織や道行、道中着といったコートの、 装い方の違いは何なのかをお伝えします。 羽織にはどん …

博多献上帯とはどんな帯 伝統工芸品博多帯の献上柄と着物のコーディネートは?

2018/10/09   -
 ,

献上柄の博多帯は、 着物が好きな人なら是非とも持っていたい帯のひとつですね。 博多帯は締めやすく、着崩れがしにくいので、 普段の着物やちょっとしたお出かけ着に最適です。 そんな博多織の帯、博多帯につい …

七五三に母親が着る着物の種類で相応しいのは色無地と訪問着 どっち?

七五三のお詣りで子供には晴れ着の着物を用意したけど、 一緒にお詣りする母親や父親は、 何を着て行けばいいのか悩んでしまいますね! せっかくの七五三ですから、 お母さんも着物で参列しようとお考えの方も多 …

黄八丈の歴史とは?染め方や色の特徴と黄八丈の着物と帯のコーディネート

2018/09/10   -着物の素材, 織り
 

黄八丈というと、 黄色い格子柄のきものをイメージしますが、 本来は伊豆諸島の八丈島で織られている絹織物の総称です。 そんな黄八丈の歴史についてご存知ですか? 黄八丈にはどんな種類があるのか、 その染め …

久留米絣の着物を着る季節はいつ?生地の特徴と製作工程 柄の種類と歴史

2018/07/30   -着物の素材, 織り
 

久留米絣の着物を着る季節はいつなのでしょうか? 普段着のきものを楽しむのなら、 久留米絣は最高におしゃれです。 久留米絣の生地の特徴や製作工程、 柄の種類や久留米絣の歴史についてまとめてみました。

着物の文様の種類と和柄の持つ意味とは?時代様式に見る伝統文様の歴史

2018/07/26   -文様と柄
 

着物の文様とは、模様のことですが、 家紋や地紋も文様表現のひとつです。 きものや帯に、色糸で織り出されたり、 色彩で描かれたりする文様は、数え切れないほどの種類があります。 それらは卓越したデザイン性 …

帯締めの組み方の種類は?TPOの格や季節と着物や帯に合わせる選び方は?

2018/07/18   -和装小物
 

帯を締めるときの帯締めには、 どのような種類があるのでしょうか? 組み紐という技術で作られる帯締めには、 いろいろな組み方の種類があるのです。 そんな帯締めが、 いつから用いられるようになったのでしょ …

小紋の着物はいつ着るきもの?どんな種類があって合わせる帯との着こなし方は?

小紋の着物は、おしゃれ着として楽しむ型染のきものです。 着物の魅力に気づき、ちょっとしたお出かけや、 お買い物など、普段の生活にきものを着たいという人にとって、 小紋の着物はとても便利なきものです。 …

夏大島とはどんな着物?特徴は何で着る時期や帯の合わせ方で注意することは?

暑い夏も、粋に着物を着こなしたいと思われる方にとって、 夏大島ほどピッタリな着物はありません。 着物好きな方に大人気の夏大島ですが、 いったい夏大島とはどのような着物なのでしょうか。 夏大島の特徴とは …

結婚式に振袖は何歳まで着られる?服装マナーで既婚者は黒留袖を着るの?

結婚式に招待された時、 振袖は何歳くらいまで着られるのでしょうか? やっぱり結婚式に招待された時は、 華やかに振袖でドレスアップしたいですよね。 着物、とくに振袖はゴージャスで、 見栄えが良いです! …

芭蕉布の特徴とは?芭蕉布の着物や帯の楽しみ方 着こなしやお手入れは

2018/06/07   -着物の素材, 織り
 

盛夏に着る薄物の着物や、 夏のお洒落帯に用いられる芭蕉布の特徴とは、 どのようなものでしょうか? 芭蕉布の特徴と、芭蕉布のきものや帯の楽しみ方、 また、芭蕉布の着物を着るときの着こなしや、 お手入れの …

二部式襦袢と長襦袢の違いはどこ?うそつき襦袢や大うそつき襦袢とは何?

洗える二部式襦袢は、便利で楽だと人気です! いま話題の洗える二部式長襦袢をご紹介します!

浴衣のきれいな着方のポイントは裾合わせと衿袷わせ おはしょりのコツ

2018/04/24   -ゆかた
 

夏の夕暮れには浴衣を着て、 夏祭りや花火大会にお出かけしたいですね。 ゆかたの着付けは、 裾合わせと衿袷せが決まればバッチリです。 浴衣のきれいな着方のポイントを、 手順を追って説明しています。 あと …

麻の着物の種類 越後上布・小千谷縮・からむし織・宮古上布・八重山上布

蒸し暑い日本の夏に涼を呼ぶ素材として、 麻があります。 麻は、江戸時代に木綿が一般的になるまでは、 夏冬を問わず庶民が着ていた素材です。 着物に用いられる麻は、洋服素材の麻(亜麻・リネン)と違って、 …

牛首紬とはどこで織られている紬で 牛首紬の特徴や牛首紬に合う帯は何?

2018/04/19   -着物の素材, 織り
 

紬の風合いは大好きですが、 とくに牛首紬は最高です。 軽くて薄くて丈夫! この良さは一度着たことある人ならわかるはずです。 そんな牛首紬がどこで、 どのようにして織られているのか、 牛首紬の特徴ととも …

★お着楽ざんまい300×600

スポンサーリンク