きもの お着楽ざんまい

着物を愛する人が着物の基本を踏まえたうえで、基本に縛られることなく応用し、個性を発揮し、何よりも着物を大いに楽しんで欲しいと願います。

成人式

成人式 いつから始まった そのルーツは何で 成人の日が祝日になったのは?

投稿日:

大人の仲間入りをお祝いする成人式

成人の日は、晴れ着を着て浮かれ気分のようですが、
大人としての自覚は、
後からジワジワ感じるものなのでしょうね。

そんな成人の日を祝う成人式は、
いつから行われるようになったのでしょうか?

成人式のルーツを探り、
成人の日が祝日になったのは何故なのかをお伝えします。

スポンサーリンク
  

成人式 いつから始まった そのルーツは何?

成人式は、昔の『元服』にあたります。

元服は、奈良時代に始められたもので、
男児が大人になったことを表すために、
服を改め、髪を結い、頭に冠を加える儀式です。

平安時代の『源氏物語』の「桐壺」の章には、
十二歳の光源氏が衣冠束帯を着けた、
『元服』の凛々しい姿が描かれています。

また、鎌倉時代の『平家物語』にも、
高倉天皇が十五歳で元服の儀式を行った様子が書かれています。

平安時代の公家は、十二歳~十三歳で元服し、
鎌倉時代になると、
十五歳~十六歳と、少しづつ遅くなっていきました。

平安時代、
女子の成人式にあたる儀式を『裳着(もぎ)』と言いました。

公家の正装を「唐衣(からぎぬ)・裳姿(もすがた)」」と言いましたが、
これは今でいう十二単(じゅうにひとえ)のことです。

“裳”とは腰から下、後ろにひだを取った白絹を引いた衣のことで、
この“裳”を初めて着ける儀式が『裳着』です。

裳着は十二歳~十四歳くらいに行われ、
それまでの子どもの衣服から、
大人の正装を身に付けるようになります。

『源氏物語』の「梅枝」の章には、
明石の姫君の『裳着』の儀式が、

「行幸」の章には、玉鬘(たまかずら)の君の『裳着』の儀式の様子が、
詳しく描かれています。

『裳着』の日が近づくと、親戚や知人から祝いの品が届けられ、
女子の成人の儀式も、
男子の『元服』に負けないほどのお披露目がなされました。

『裳着』が済むと、娘たちの結婚の段取りが、
親たちの間で進められていきます。

スポンサーリンク

公家社会では、親の思惑が強かったため、
判断力も少なく、社会の諸事に疎い少女たちは、
十二歳から十三歳で人生を決められてしまったといえます。

成人式はいつから始まり成人の日が祝日になったのは?

昭和に入り、戦後すぐの昭和二十三年七月二十日に、
国民の祝日が制定され、
昭和二十四年一月十五日から、
その日が『成人の日』として、国民の祝日になりました。

『成人の日』が、一月十五日に定められたのは、
宮中や公家では『元服』が一月五日までに、
武家では、一月十一日の鏡開きの日に行われていたので、
そちらを避けて、元日に近いおめでたい日、ということで、
一月十五日に決められました。

近年では、一月の第二月曜が『成人の日』となっています。

ちなみに、日本では二十歳で成人式を迎えますが、
お隣の国 韓国では、2012年に成人年齢が引き下げられ、
十九歳で成人となります。

韓国の成人の日は『成年の日』と呼ばれ、
五月の第三月曜がその日です。

しかし、日本のように祝日ではなく式典もありません。

イギリスでは、1969年に成人年齢が二十一歳から十八歳に引き下げられ、
選挙権も十八歳からです。

アメリカでは、州によって違いがあるのですが、
ほとんどの州で法律上の成人年齢は十八歳となっています。

ネパールの成人年齢は十六歳で、
『バルタマン』と呼ばれる成人の儀式がおこなわれます。

成人年齢を十八歳とする国が多いようですが、
日本の成人年齢も、選挙権と同じように早くなるのでしょうか?

成人式に着る振袖を選ぶとき

現在は、精神的にも肉体的にも社会人として認められる、
二十歳を成人とし、成人式が行われていいます。

成人式は、
子が親から自立し、親は子に依存する甘えを捨てる良い機会です。

また、若い女性が、日本の民族衣装であるきものに触れ、
自分で晴れ着を選ぶ最初の機会と言えます。

成人式の着物は、まず第一に、
自分の個性にあった好きな地色の着物を選びます。

もしも地色が地味な場合は、
重ね衿や帯揚げ、帯締めなどで若さを演出しましょう。

振袖の袖丈は、昭和五十年くらいまでは中振袖として、
袖丈が約80㎝程度のものが多かったのですが、
現在は床に届くほどの長い袖が定着しています。

帯は金襴織りの袋帯で晴れやかな変わり結びを結び、
帯締めも太めで金銀糸を織り込んだものを使い、
帯揚げは絞りのものを合わせましょう。

あとがき

成人式は大人になる門出の日

人生の記憶に残る大切な日です。

2018年の成人式での『晴れの日』騒動は、
記憶にも記録にも残る大事件でした。

着物に関わっていた者として、
二度とあのようなことが起こらないことを願っています。

スポンサーリンク

-成人式
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

★お着楽ざんまい300×600

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。