豆知識一覧

着物の柄の種類や名前 模様の意味と着る季節はいつ頃で和柄の歴史は?

着物の種類によって柄や模様の配置の仕方があり、その着物の柄や模様にはたくさんの種類があります。それらの柄や模様に付けられた名前には意味があり、柄や模様は着物を着る季節を表しているものがあります。一枚の着物はいろんなことを物語ってくれるようです。素晴らしい着物の柄や模様は、いつからどのようにして創られてきたのか、和柄の歴史を紐解いてみたいと思います。

着物を着る前に準備する物としておくこと 着付けに必要な小物の選び方

きものを美しく快適に着るためには、着物を着る前の準備が欠かせません。着付けに必用な小物などが揃っているかを確認し、きちんとした準備や心構えができているかどうかで、着付けにも差が出てきます。普段、着物を着慣れていない人ほど、着物を着る前の入念な準備を心がけましょう。着物を着る直前になって慌てることのないように、着付けに必要なものをリストアップしておくのも良いことですね。

着物の種類の見分け方 仕立て方・素材・織り方・染め方・色・柄・柄付け

『きもの』と、ひと口に言っても、着る物という意味では広すぎます。衣服全般としての着る物には洋服も含まれますが、ここでは和服に限ってということで考えていきます。日本の着物、つまり昔から日本人が着てきた着る物という意味においての、『きもの』について考えます。着物の分け方では、女性もの、男性もの、子供用のものに分かれ、それらは用途別に分けることが出来ます。その着物を着る人の年齢や立場によっても分けられ、着用する場面によっても違ってきます。着物自身の格と、柄の付け方による格があり、着物の仕来りと言われる決まりごとの中にも格があります。着物の種類の見分け方では、仕立て方・生地の素材・生地の織り方・染め方・色・柄・柄付けという、きものの特徴別に分類し、それぞれの特徴をまとめてみました。

結婚式に振袖は何歳まで着られる?服装マナーで既婚者は黒留袖を着るの?

結婚式に招待された時、振袖は何歳くらいまで着られるのでしょうか?やっぱり結婚式に招待された時は、華やかに振袖でドレスアップしたいですよね。着物、とくに振袖はゴージャスで、見栄えが良いです!だけど、振袖って何歳位まで着ても良いものなのでしょうか?友達の中では若く見える方だと思っていても、一人二人と、次々に仲の良かった友達から、結婚式の招待状が届いたりして、何となく置いてきぼり。。。でも結婚式は出会いのチャンスと言いますから、気合を入れておめかしして・・・となれば、振袖は飛び切り最高の勝負服ですよね。

デパートで着物を買う利点は?気軽に選べてコーディネートや適正価格がわかる

デパートの着物売り場には、多種多様な着物が揃っているだけでなく、帯締めや帯揚げ、肌着、足袋など、あらゆる和装小物が豊富です。価格表示や品質表示もはっきりしているので、安心して着物を買うことができるのが、デパートの着物売り場の利点です。そんなデパートの、上手な利用方法についてまとめてみました。

着物レンタル 京都でおすすめはココ!京都きものパスポート入手方法も!

京都の町をキモノで歩くと お得です!『キモノ割引』って知ってますか?着物を着ていると、お安くなったり、お得なサービスがあったり、とにかく『きものパスポート』は持っておいた方が良いですよ!『きものパスポート』アプリはこちらから無料ダウンロードできます。

着物のたたみ方 本だたみを図解で説明 簡単なお手入れと保管の仕方

着物のたたみ方は難しそうに感じますが、実はとっても簡単なのです。何故なら、着物の形自体がとっても単純な形だからです。その形の成り立ちを知ってしまえば、たたむことも難しくはありません。自分でできる簡単なお手入れや保管の仕方もトライしてみてください、『習うより慣れよ』です。

着物とは何?歴史と移り変わりとルールの由来とは?伝統文化と特徴は?

着物とは何?と訊かれて、的確にわかりやすく説明するのは難しいことですが、着物の歴史と移り変わりについてや、着物に対する思いを綴っています。めんどくさい着物のルール、その由来とはいったい何だったのか?伝統文化の中の伝統工芸と着物の特徴についてまとめています。