きもの お着楽ざんまい

着物を愛する人が着物の基本を踏まえたうえで、基本に縛られることなく応用し、個性を発揮し、何よりも着物を大いに楽しんで欲しいと願います。

染め帯のコーディネート 洒落袋帯と名古屋帯の季節感と染めの技法のポイント

投稿日:2018年4月15日 更新日:


『きもの一枚に帯三本』とよく言われますが、
とくに小紋や紬のようなおしゃれ着には、
帯にもお洒落を楽しみたいものです。

お洒落着のきものをおしゃれにするもしないも、
帯次第といったところでしょうか。

街着として楽しむオシャレ着物に締める
帯の仕立て方を紹介します。

小紋や紬などのお洒落着にコーディネートする染め帯の、
お洒落ポイントは季節感と染の技法です。

季節感の表現法や、代表的な染めの技法をお伝えします。

スポンサーリンク
  

染め帯のコーディネート 洒落袋帯と名古屋帯

染めの帯は、礼装などには用いず、
あくまでおしゃれ感覚を楽しむ帯とされています。

そして染め帯にコーディネートする着物は、
お洒落着ですから、小紋や紬など多彩な組み合わせができるので、
一枚の着物が何通りもの楽しさを表現してくれます。

お洒落着の小紋の着物も、小さい柄から中小紋、
花柄もあれば縞や飛び柄、幾何学模様と多種多様です。

また、紬の着物も、日本全国の地域ごとに独特の織物があり、
それぞれに趣向を凝らした織りの技法や絣の括り方があります。

それらお洒落着のきものに帯を合わすとき、
着物をメインにするか、帯にポイントを置くかは重要です。

染め帯の素材には、塩瀬・縮緬・羽二重・綸子・紬・絽などの絹物のほか、
ジャワ更紗などの木綿もあります。

🌸名古屋帯仕立て
胴に巻く部分とお太鼓の部分の仕立て方に特徴があります。

最も一般的なものは「なごや仕立て」と呼ばれるもので、
お太鼓の部分、垂れ先から三尺を幅八に、
胴に巻く部分は、幅を半分に折って仕立てる方法です。

この仕立て方は、はじめから胴の部分が二つに折ってあるので、
初心者でも手軽に扱うことができます。

🌸鏡仕立て
胴に巻く部分を開いた状態に仕立てる方法で、
通称「開きなごや」とも呼ばれます。

開いた部分は帯心がそのまま見える状態なので、
薄い別布をつけることもあります。

鏡仕立ては、胴に巻く部分の幅が自由に変えられるので、
背の高い人や、着物通に好まれています。

長さは名古屋帯と同じで、おおよそ3m50㎝~3m80㎝位です。

🌸洒落袋帯
金糸銀糸を使わない袋帯は、素材が紬地風ということであれば、
袋帯は洒落袋帯です。
格の上では名古屋帯と変わらないと思いますが、
袋帯ならば名古屋帯よりも長く4m以上あると思いますので、
お洒落着としてお出かけする時に二重太鼓を結ぶのは、
ちょっと着姿に重みが出るかもしれません。

🌸京袋帯
京袋帯というものがあります。
これは袋帯と名古屋帯の長所を取り入れたもので、
形状は袋帯ですが、
長さは名古屋帯と一緒で、一重太鼓に結びます。

染め帯のコーディネート 季節感のポイント

生地に模様を描いた染め帯は季節感を表現したものが多く、
普通、名古屋帯に仕立てます。

紬や小紋に合わせると、
着こなしに優しさや粋さといった情感が生まれます。

染め帯は、素材と模様で締める時期を変えるのがオシャレです。

温かみのある縮緬や紬は、十一月~三月まで、
塩瀬や羽二重、綸子は、四月・五月と九月・十月、
絽は、六月中旬から九月初旬が目安です。

帯に染める柄は、花や風景などの季節模様をはじめ、
モダンな抽象模様まで変化に富んでいます。

季節感のある模様を描いた染め帯は、
その季節をはずすと興覚めなもので、
着物のお洒落は、季節より少し先駆けるのがよいとされています。

スポンサーリンク

たとえば、夏の染め帯に描かれる秋草のように、
季節を一歩先行くのが着物のお洒落なのです。

四季のある日本のお洒落は、季節感とともにあり、
それを良く表現しているのが染め帯といえます。

染め帯のコーディネート 染めの技法のポイント

染め帯は、白生地に友禅染や型染、絞り染めやろうけつ染めなどを施し、
カジュアルなものから華やかなものまで多種多様あります。

染め帯に用いる白生地は、縮緬や綸子、紬、麻などの、
着物にも使われる素材を用いるので、
仕上がりは柔らかく優しい雰囲気になります。

🌸友禅染めの帯
友禅糊を用いて華やかな模様を染め上げます。

友禅染には、手描き友禅と型友禅がありますが、
どちらもはんなりとした優しい雰囲気です。

🌸夾纈(きょうけ)染めの帯
板締めと呼ばれる染めの技法で、
同じ模様を彫った2枚の板に、折りたたんだ布を挟んで締めあげ、
彫った模様の部分に染料を注いで染める技法です。

🌸絞り(纐纈)
糸で括ったりして防染する技法で、
大小に面を区切って絞り分けることで、柄を立体的に見せることができ、
絞りの帯は織りの着物との相性がとても良い帯です。

夾纈・臈纈(ろうけち)・纐纈(こうけち)は、
奈良時代の代表的な染色法で『天平の三纈』といわれ、
正倉院にも所蔵されています。

あとがき

着物を楽しむなら、やっぱりお洒落着ですね。
紬の着物に染め帯を粋に着こなせたら最高です!
思わず京都の街を散策して見たくなります。

スポンサーリンク

-
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

博多献上帯とはどんな帯 伝統工芸品博多帯の献上柄と着物のコーディネートは?

スポンサーリンク 献上柄の博多帯は、 着物が好きな人なら是非とも持っていたい帯のひとつですね。 博多帯は締めやすく、着崩れがしにくいので、 普段の着物やちょっとしたお出かけ着に最適です。 そんな博多織 …

着物に合った帯の種類の見分け方 丸帯・袋帯・名古屋帯・半幅帯の違いは?

スポンサーリンク 着物を着るとき、 どの着物にどんな帯を合わせると良いのか難しいですね。 帯にはいくつかの種類があり、 着物によってに相応しい帯があります。 室町時代から発達してきた帯は、時代とともに …

帯の柄付けの移り変わり 全通柄・六通柄・お太鼓柄その形の種類と帯結び

スポンサーリンク きものの形とともに帯の形も移り変わってきました。 帯の形の変化によって柄付けも変化し、 全通柄・六通柄・お太鼓柄の種類が出来ていきました。 きものを着る場面に応じた着物の種類と、 そ …

★お着楽ざんまい300×600

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。