一覧

帯を巻く方向は右巻きと左巻きどっちが正しいのか 関東と関西の違いは?

着物を着て帯を結ぶとき、左巻きに回すのか右巻きに回すのか、どっちが本当なのかと迷ったことはありませんか?着物の着付けを習うとき、教えてくださる方や、教わる着付け教室によって、帯の巻き方は色々です。関東式と関西式ではどのようなところが違うのか、帯の巻き方についてまとめてみました。

帯の種類で丸帯・袋帯・袋名古屋帯・名古屋帯・半幅帯 仕立て方の違いは?

帯は着物を着るときに必ず用いるものの一つです。ひと口に帯と言ってもいくつかの形があり、その形の違いは、長さや帯幅、仕立て方の違いにあります。また、きものの素材に染めと織りがあるように、帯の素材にも織りと染があります。帯の長さや幅など、形の違いと、帯の仕立て方、そして着物との合わせ方や用途についてまとめてみました。

染め帯のコーディネート 洒落袋帯と名古屋帯の季節感と染めの技法のポイント

『きもの一枚に帯三本』とよく言われますが、とくに小紋や紬のようなおしゃれ着には帯にもお洒落を楽しみたいものです。お洒落着のきものをおしゃれにするもしないも、 帯次第といったところでしょうか。街着として楽しむオシャレ着物に締める帯の仕立て方を紹介します。小紋や紬などのお洒落着にコーディネートする染め帯の、お洒落ポイントは季節感と染の技法です。季節感の表現法や、代表的な染めの技法をお伝えします。

着物に合った帯の種類の見分け方 丸帯・袋帯・名古屋帯・半幅帯の違いは?

着物を着るとき、どの着物にどんな帯を合わせると良いのか難しいですね。帯にはいくつかの種類があり、着物によってに相応しい帯があります。室町時代から発達してきた帯は、時代とともに変化し、現代のような形になりました。帯の名称や使い分けは、帯幅や帯の仕立て方、時には素材や用途によって異なります。