きもの お着楽ざんまい

着物を愛する人が着物の基本を踏まえたうえで、基本に縛られることなく応用し、個性を発揮し、何よりも着物を大いに楽しんで欲しいと願います。

和装小物

単衣の着物を着る時の長襦袢の選び方は?適した素材 色使いと半衿の素材は?

投稿日:

単衣の着物を着るときの長襦袢の選び方に、
悩まれている方が多いようです。

着る場面によっての決まりごとがあって、
きものは難しいと感じられる方が多いのですが、
地球温暖化の影響もあって、
時期と体感温度が昔とは違ってきているようです。

そんな時「〇月だから、これを着なければいけない!」とか、
「〇月になったら、それは着てはいけない!」
などというのはナンセンスだと思います。

そんなことを言うから、
着物を着ようと思う人が少なくなるのは当たり前ですね。

暑いから、涼しいように、
寒いから暖かいように着るのが衣服の目的でもあるわけで、
自分自身がどう感じるかが基本です。

加えていうなら、
観ている人の目に暑苦しく感じたり、寒そうに見えないこと、

着ている人が心地よく着物を着ていると見えるのがポイントです。

単衣の着物を着るときの長襦袢の選び方や、半衿についてまとめました。

スポンサーリンク
  

単衣の着物を着る時の長襦袢の選び方は?

きものの仕立て方には、裏地が付いている袷仕立てと、
一枚仕立ての単衣仕立てがあって、
冬用と夏用に分かれます。

制服などに夏用と冬用があるのと同じです。

単衣の着物は、おもに夏用に用いられる仕立て方で、
薄物といわれる盛夏用の着物も、単衣に仕立てますから、
単衣の着物になります。

長襦袢にも袷仕立てと単衣仕立てがあります。

無双仕立てという長襦袢の仕立て方があります。

袖だけを二重に仕立て、裾の返りを多くした、
袷に見える仕立て方ですので、袷の襦袢とみなします。

単衣仕立ての着物には、単衣仕立ての長襦袢を着ますが、
単衣の着物を着る時期になる少し前の、
袷では少し暑く感じるときは、
袷の着物に単衣の襦袢を着ることもありますが、
単衣の着物を着る季節になって、
肌寒いからといって、中に袷の襦袢を着るということはありません。

そもそも着物を着ていて、
中に着ている襦袢が袷か単衣かがわかるとしたら、
袖口と振りのところだけで、裾まわりは見えません。

ただし、盛夏用の薄物の着物の場合は透けているので、
中に着る襦袢は、仕立て方も素材も盛夏用に合わせます。

きものの季節は先取りするのが粋とされていますから、
初夏の声を聴いたら、
単衣(盛夏用を除く)の着物を着る季節となります。

そして、本格的に単衣の季節となれば、
中に着る襦袢は、
絽のような薄物の素材を用いてもかまわないのです。

単衣の着物を着る時の長襦袢に適した素材の選び方は?

きものの下に長襦袢を着る目的は、
体温の調節と、
汗や体の皮脂などの汚れが着物に付かないようにすることです。

スポンサーリンク

長襦袢の素材には、綸子やしぼの細かい一越縮緬の、
正絹や、モスリン、ポリエステル、アセテートなどがあります。

正絹のものは適度な滑りがあって、裾さばきも良いのですが、
汗をかく季節には、洗濯しやすい合繊のものが便利です。

近頃は、合繊や化繊でも、肌触りがよく滑らかで、
扱いも楽な素材が出来ています。

袷の襦袢では紋綸子が一般的ですが、
単衣襦袢の場合、竪しぼがあって肌触りの良い“楊柳”が人気です。

そのほか、夏用の素材として、絽や紗、麻や麻の混紡がありますが、
きものの風合いに従って、襦袢の素材を選ぶようにします。

単衣の着物を着る時の長襦袢の色使いと半衿の素材は?

単衣の着物でも、
留袖や喪服のような礼装の場合は白が決まりです。

訪問着や付け下げ、小紋の場合でも同じですが、
単衣仕立てなので裏地がないぶん透けやすくなっています。

表の着物にひびかないよう、はっきりとした柄や強い色目を避け、
淡い色目のぼかしなどが合います。

長襦袢は着物の中に着るもので、ほとんど外からは見えないものですが、
わずかに見える袖口と振りから覗く色合いは、
日本人の美意識とともに、着物を引き立てる役目を持っています。

単衣の着物を着るときに注意するところで重要なのが半衿です。

半衿は長襦袢の襟についている、
着物の襟に汚れが付かないための汚れ防止ですが、
着物を着た人を見た時、一番目に付くのは衿元ですから、
中に着る襦袢よりも、
半衿には十分気を使ってほしいところです。

半衿も礼装の場合は必ず白を用います。

訪問着や付け下げでも、
正装として着るときの半衿は白が基本で、
その場合、華やかさを出すのなら、
白地に白糸や金糸銀糸でおめでたい柄を刺繍した半衿が合います。

お洒落感覚を楽しむときは、
色の半衿や刺繍のものを用います。

色の半衿は地味な着物を明るく見せるためのもので、
紬や木綿の着物に適しています。

単衣の着物を着るときの半衿には塩瀬が合いますが、
夏に近づけば、
紬や御召の着物には絽縮緬を用いることもできます。

盛夏になって薄物の着物を着る場合、
絽の着物には絽の半衿、
紗の着物には紗または絽の半衿、
麻の着物には麻の半衿を用いると、着物が生き生きとしてきます。

あとがき

夏に着物を着る人が少なくなった分、
夏の着物姿は、それだけ最高のお洒落感があります。
浴衣もいいですが、
あまり難しく考えすぎないで、
どんどん単衣の着物や夏の着物にチャレンジしてほしいですね!

スポンサーリンク

-和装小物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

着物の着付けに必要なものの選び方 最低限必要なもののチェックリスト

スポンサーリンク 着物を着ようと思ったときに、 着物の着付けに必要なものが揃っていたら便利ですよね。 でも、どんなものをそろえておくといいのか、 そんな着物の着付けに必要なものの選び方をお伝えします。 …

浴衣の履物 下駄の歴史とは?サイズの選び方と鼻緒ずれで痛くならない方法は?

スポンサーリンク 浴衣を着た時の履物は下駄です。 涼しげに浴衣を着こなすには足元も涼しげに、 素足に下駄を履きますが、 そんな下駄の歴史についてまとめてみました。 そして、下駄を選ぶとき、どんなことに …

二部式襦袢と長襦袢の違いはどこ?うそつき襦袢や大うそつき襦袢とは何?

スポンサーリンク 洗える二部式襦袢は、便利で楽だと人気です! いま話題の洗える二部式長襦袢をご紹介します! スポンサーリンク 関連

振袖の着付けに必要なものと振袖の帯結び変わり結びに必用な小物は何?

スポンサーリンク 振袖の着付けに必要なものについてまとめてみました。 振り袖を着るときって特別な日です。 帯結びも色々な変わり結びがあり どれもとってもゴージャスです。 素敵な結び方の帯結びには、 小 …

足袋の歴史と起源 足元を素敵にする足袋選びのポイントと行田の足袋屋さん

スポンサーリンク 和装の足元に必要な足袋ですが、 足袋の歴史や起源についての豆知識です。 足袋のことを知ったうえで、 足袋選びのポイントについてまとめました。 履きやすい足袋を見つけるために、 足袋の …

★お着楽ざんまい300×600

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。