きもの お着楽ざんまい

着物を愛する人が着物の基本を踏まえたうえで、基本に縛られることなく応用し、個性を発揮し、何よりも着物を大いに楽しんで欲しいと願います。

きものの楽しみ方

単衣の着物の季節はいつからいつまで?初夏と初秋 薄物の季節の合わせ方は?

投稿日:

単衣の着物を着る季節はいつごろからなのでしょうか?

五月といえばもう初夏、
四月でもお天気のいい日は、
ちょっと汗ばむくらい暑い日があります。

そんな時は、
もうそろそろ単衣を着ても良いのでは?って思いますよね。

単衣の着物は、いつからいつまで着られて、
初夏や初秋、
盛夏に着る薄物の季節の合わせ方などを、
まとめてみました。

暑くなるこれからの季節の着物の合わせ方の、
参考にしてください。

スポンサーリンク
  

単衣の着物の季節はいつからいつまで?

季節の行事『衣替え』は、
暦の上では六月一日と十月一日とされてきました。

学校や官公庁などの制服が替わるのも“衣替え”の日からです。

しかし、近頃はゴールデンウィークを過ぎるころから、
すっかり初夏の日差しを感じるようになり、
とても袷せの着物を着ている気候ではなくなります。

和装で、単衣の着物を着る時期は、
少し前までは六月と九月のふた月とされていましたが、
近頃では五月も単衣の時期と捉えても差し支えないように思います。

五月は、朝夕肌寒かったり、日中は強い日差しが照りつけたり、
時として雨が降り続いたり、
気温や湿度の変化がとても激しい時期です。

着物の素材は一定しませんが、
だからこそ逆に、着物を着る楽しさがあります。

単衣の着物の季節 初夏の合わせ方は?

五月の単衣は、
大島紬などの紬地や綸子、御召、木綿などがあります。

帯は、染め帯なら塩瀬、綸子、生絹(すずし)などが合います。

織物の帯は袷用のものでもよいのですが、
光沢のあるものや、生地の薄いものを選びます。

ただし、
少し暑い日はやはり単帯の方がふさわしいかも知れません。

色は白を中心に、淡い色のほか、逆に藍や紺地の濃い色も、
初夏らしさを演出してくれます。

六月は入梅の季節で湿気が多くなります。

雨が降れば肌寒く、袷の恋しい日もありますが、
こういう時に便利なのが『紗袷』のきものです。

紗を二枚合わせて作られた着物で、
目には涼しさを与えてくれます。

本格的な単衣のシーズンの前の、ほんの短い期間楽しめる着物です。

単衣の季節は、絽紬や絽縮緬、夏結城、夏大島、木綿、麻縮緬などの、
肌にさらりとした素材を用いると心地よいです。

帯には紗袋や麻地の帯、絽の袋帯か袋名古屋帯、
絽綴れ、生絹が爽やかです。

単衣の着物の季節 初秋の合わせ方は?

九月、まだまだ残暑の厳しい月ですが、
空の色も日差しも、やはり夏とは違う秋の色となります。

スポンサーリンク

光線が長くなり、白っぽい色は侘しさを誘います。

秋は白や淡い色は避けて、
色づく自然の色合いを、早めに取り込んだお洒落をしたいものです。

九月は九月九日の重陽の節句までは、薄物を着ていても良いのですが、
それ以降は、単衣の着物を着るのが一般的です。

素材としては、初夏と同じように、
絽紬、上代絽、夏結城、夏大島、絽縮緬、
木綿や麻と絹を合わせたものなどを用いますが、
模様は秋草など、季節感を考慮してください。

天然繊維の紙布や藤布、科布などもこの時期に適しています。

帯は、上旬は紗袋や絽綴れ、生絹、麻袋などを合わせますが、
柄は秋草文様が中心になってきます。

後半には洒落袋帯や塩瀬の軽い染め帯なども適しています。

九月もお彼岸を過ぎたら、綸子や縮緬、紬といった、
一般的な単衣の素材を用います。

この時期の単衣は、
大島紬、平織りの紬、御召、一越縮緬、紋意匠縮緬、木綿などで、
帯は、縮緬や変わり縮緬、紬、洒落袋帯などがよく調和します。

九月は従来の仕来りにあまりとらわれず、
その日の気温や湿度によって、また、自身の体感温度に従って、
薄手のものや、やや薄手のもの、そして一般的な単衣といった風に、
臨機応変に着分けると良いのです。

全体的に、単衣の季節(概ね5月~9月)は、
袷ではなく単衣を着るということ。

盛夏には、透け感のある薄物が相応しいということ。

あとは、ご自身の体感温度に従うということですが、
暑さの調節は、上に着る着物だけではなく、
中に合わせる長襦袢の材質でも調節できます。

【仕立代】夏の長襦袢 手縫い併用ミシン仕立代

あとがき

暑さや寒さを感じるのは、自分自身ですから、
「この季節には、コレを着なければいけない!」ではなく、
「暑くなったから単衣に変えて、寒くなったら袷を着る。」
これが基本ですね。

洋服でも、真冬にノースリーブの人を見かけたら、
こっちまで寒さに震えてしまいます。

着物の装いは、人を思いやる心が必要だと思いますので、
見た人が『暑苦しそう!』とか『寒そう!』と感じないように、

夏の着物は、見た目に涼しく着こなすことですね!

スポンサーリンク

-きものの楽しみ方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

着物レンタル 京都でおすすめはココ!京都きものパスポート入手方法も!

京都の町をキモノで歩くと お得です! 『キモノ割引』って知ってますか? 着物を着ていると、お安くなったり、お得なサービスがあったり、 とにかく『きものパスポート』は持っておいた方が良いですよ! 『きも …

初釜に着ていく着物に紋は必要か?色無地か訪問着か?帯の合わせ方は?

新年のお茶会『初釜』には、 どのような着物を着ていけばいいのか、 その着物には紋が必要なのか、 色無地と訪問着、どちらが相応しいのか、 お茶会のお誘いを受けても、悩むことがいっぱいです。 初釜というお …

小紋の着物はいつ着るきもの?どんな種類があって合わせる帯との着こなし方は?

スポンサーリンク 小紋の着物は、おしゃれ着として楽しむ型染のきものです。 着物の魅力に気づき、ちょっとしたお出かけや、 お買い物など、普段の生活にきものを着たいという人にとって、 小紋の着物はとても便 …

失敗しない着物の買い方と選び方 訪問着と付け下げ 小紋を着分ける方法

スポンサーリンク 着物を買いたいと思っても、 どこへ行けばいいのか、どんな品がよいのか 洋服なら迷わず選べても、 どうすれば悔いのないきもの選びができるのでしょうか? 『いざというとき』は、人によって …

お茶会に着る着物の種類は色無地or江戸小紋?初釜や初稽古 大寄せのお茶席に

スポンサーリンク お茶会に着ていく着物、 しかも、 お正月の初釜という改まったお席での装いは、 気を使いますね。 自分を含め、周りの方に恥をかかせてはいけないと思うと、 どんな着物を着て行けばいいのか …

★お着楽ざんまい300×600

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。