小紋の着物はいつ着るきもの?どんな種類があって合わせる帯との着こなし方は?

小紋の着物は、おしゃれ着として楽しむ型染のきものです。

着物の魅力に気づき、ちょっとしたお出かけや、
お買い物など、普段の生活にきものを着たいという人にとって、
小紋の着物はとても便利なきものです。

小紋の着物は、どういう時に着る着物なのか、
小紋の着物にはどんな種類があるのかなど、
また、小紋の着物の着こなしについてまとめてみました。

小紋の着物は、
コーディネートしだいでいくらでも楽しめます。

気軽に小紋の着物を楽しんで、
ひとつ上のお洒落に挑戦してみませんか?

  

小紋の着物はいつ着るきもの?

小紋の着物は、ワンピースのように気軽に着られる着物です。

稀に手書きもありますが、
ほとんどが繰り返し模様の型染の着物を小紋と言い、
小紋の着物は洋服で言えば、
シルクプリント柄のワンピースのような存在です。

訪問着や付け下げを着ていくほどではないけれど、
ちょっとおしゃれを楽しみたいときに重宝するきものです。

たとえば、歌舞伎やお芝居のような観劇、
コンサートやミュージカル、踊りやピアノの発表会など、
小紋の着物の出番はたくさんあります。

クラス会やお友達とのお食事会、
軽いパーティーから合コンなど、
人と違った着物のお洒落は、貴女を一段と引き立ててくれます。

月釜のお茶会や休日の外出、
小旅行をキモノでチャレンジしてみるのもいいですね。

小紋の着物は、普段のあなたを特別なあなたにしてくれる、
魔法のファッションアイテムです。

小紋の着物にはどんな種類があるの?

小紋の着物の小紋柄にはいろいろな技法があります。

縮緬や綸子、時には紬地のきもの地に小紋柄は染められます。

小紋と言えば、
まず華やかな京友禅の小紋を想像するかも知れませんが、
江戸小紋や加賀小紋、沖縄の紅型、藍染、更紗型のほかにも、
ろうけつ染めや絞り染めなど、
それぞれ特徴のある技法で染められた小紋があります。

この中で、昔のお侍さんが着けていた裃に使われていた、
裃柄の江戸小紋や加賀小紋は、一つ紋をつければ、
ほかの小紋よりずっと格が上がり、
一つ紋付の色無地に準じる着物になります。

小紋の着物に合わせる帯や小物と その着こなし方は?

小紋の着物の着こなしは、そのバリエーションも多く、
いろいろな場面であなたを輝かせてくれます。

小紋の着物は、帯や小物のコーディネートで、
さまざまな着こなしが楽しめます。

伝統的な組み合わせでは、
『染めのきものに織りの帯』と言われましたが、
最近は、小紋のきものに染め帯を合わせ、
季節感を出して、柔らかく装う方も増えてきました。

軽いパーティーやお正月の御挨拶回りなどには、
袋帯や伝統模様の織りの名古屋帯を合わせると、
改まった雰囲気にもなります。

観劇やお食事会などで、おしゃれに着こなしたいときは、
染めの名古屋帯を合わせてみましょう。

普段用の小紋のきものなら、
紬地の袋名古屋帯(八寸帯)を合わせると、
カジュアルな雰囲気になります。

帯揚げや帯締めの色は、帯に合わせて選びますが、
よそゆき用には淡い色使いで、
カジュアルに着こなすなら濃い目の色を用いたりします。

また、帯揚げや帯締めの色を選ぶとき、
春先には明るい色、秋冬には濃い目の色で季節感を表現します。

遊び心満載で、ビビットな色をアクセントにしたり、
半衿などその他の小物も、小紋の雰囲気やTPOに合わせて選び、
自分ならではのお洒落を楽しみましょう。

あとがき

小紋を着こなすことができれば、
もう、着物通としてアナタは一人前ですね。

「これでいいのかなあ~?」なんて、
不安気な顔をしていてはいけません。

堂々と背筋を伸ばして、颯爽と街の中を歩いてください、
着物は自信とともに着こなせば、
それだけでかっこよく見えるものです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。