着物の素材一覧

着物の素材の違い 生地の原料や織の着物と染の着物の種類

着物は反物という形で私たちの手に入ります。着物の反物の幅は約38㎝、男物の反物は約42㎝で、一反の長さは約12.5mあります。一般的な着物の場合、この一反が、見頃2枚、衽2枚、袖2枚、襟と掛け襟1枚ずつの、8つのパーツに分けられ、縫い合わされて仕立てられます。この反物になった着物の素材が、どんな原料を用いて、どういう風に作られているのかについてまとめました。着物の素材の違いとして、生地の原料のほかに、織の着物か、染の着物かという違いがあります。

大島紬と村山大島紬とはどこが違うのか?特徴や歴史 製造工程の違いは?

大島紬と村山大島紬とはどこが違うのか?村山大島紬は大島紬じゃないの?大島紬は軽くて着心地や裾さばきが良く、『きものは大島紬が一番!』と、着物愛好家の方にも、人気のある高級な着物の素材です。では、村山大島紬と大島紬の特徴や歴史 製造工程の違いはどのように違うのでしょうか。大島紬と村山大島紬の特徴や歴史の違い、大島紬と村山大島紬の製造工程の違いについてまとめました。

白大島の特徴は何で着る季節や場面はいつ?コーディネートで合わせる帯は?

白大島や大島紬はお値段も高くて、高級着物だと言われますが、白大島紬とはどんな着物で、大島紬とはどう違うのでしょうか。また、白大島はいつ、どのような場面で着る着物なのでしょうか。着物通なら一つは持っていたい白大島ですが、そんな白大島を着るときの、帯を合わせるコーディネートについてまとめてみました。

御召の着物 お召の定義とは?格や特徴の見分け方と種類にはどんなものがある?

近頃、アンティーク着物やレトロな古典柄の着物を、お洒落な街着として楽しんでいる人を多く見かけます。少し前までは、訪問着や小紋の染の着物が主流でしたが、いま若い女性の間では御召や銘仙など、織りの着物が人気です。その御召の着物とは、どういう着物のことを言うのでしょうか。風合いや着心地、独特な織り方など御召の特徴と、着用する時の格や見分け方について、お伝えします。そして、多種多様な織り方や色遣いなどを誇る、御召の産地と種類をご紹介します。

大島紬の着物とはいつ着るどんな着物?製造工程 技法の特徴と色や模様の種類は?

「大島紬は高い!」着物に興味がない方には、そんな情報だけが伝わっているようですが、大島紬とはどんな着物か、その工程の緻密さを知って頂ければ納得できるはずです。着物のおしゃれを楽しみたい人は、ぜひ大島紬とはどんな着物かを知って、大島紬の良さを肌で感じてください。