着物の種類一覧

着物の種類の見分け方がわからない!用途と格付けや礼装・正装の違いからおしゃれ着・普段着まで

着物の種類は見分け方がわからないという方が多いようです。用途としては、成人式や結婚式に招かれたとき、未婚女性ならば、第一正装は振袖になります。既婚女性の第一正装は、白抜きの五つ紋がついた留めそでで、結婚式に、新郎新婦やその親族の既婚女性が着用する、黒留めそでなどが、礼装として用いられます。礼装と正装の違いについては、礼装は、儀式に出席する時に着る、礼儀正しい服装で、正装は、正式な服装として、ある程度決められた服装ということになります。しかし、結婚式やお葬式に関しても、この服装でなければ絶対にいけないという決まりはありません。むしろ、きちっとした服装で祝ってあげたい、また、喪の席においても、亡くなられた方や遺族の方に失礼のない服装であるという、気持ちの問題だと思います。

紬の着物の種類と特徴や産地別の見分け方 大島紬 牛首紬 結城紬とは その定義のまとめ

紬の着物と言えば大島紬や結城紬が知られていますが、その他産地別では、牛首紬や塩沢紬 十日町紬など、伝統工芸品に指定されているものもたくさんあり、とくに、大島紬や結城紬と言えば、高価なことでも有名です。織りの生地は、糸を染めてから織りあげたものを言いますが、紬は、その糸をつむぐときに特徴があります。