着物の種類一覧

着物の種類の見分け方がわからない!用途と格付けや礼装・正装の違いからおしゃれ着・普段着まで

着物の種類は見分け方がわからないという方が多いようです。用途としては、成人式や結婚式に招かれたとき、未婚女性ならば、第一正装は振袖になります。既婚女性の第一正装は、白抜きの五つ紋がついた留めそでで、結婚式に、新郎新婦やその親族の既婚女性が着用する、黒留めそでなどが、礼装として用いられます。礼装と正装の違いについては、礼装は、儀式に出席する時に着る、礼儀正しい服装で、正装は、正式な服装として、ある程度決められた服装ということになります。しかし、結婚式やお葬式に関しても、この服装でなければ絶対にいけないという決まりはありません。むしろ、きちっとした服装で祝ってあげたい、また、喪の席においても、亡くなられた方や遺族の方に失礼のない服装であるという、気持ちの問題だと思います。

紬の着物の種類と特徴や産地別の見分け方 大島紬 牛首紬 結城紬とは その定義のまとめ

紬の着物と言えば大島紬や結城紬が知られていますが、その他産地別では、牛首紬や塩沢紬 十日町紬など、伝統工芸品に指定されているものもたくさんあり、とくに、大島紬や結城紬と言えば、高価なことでも有名です。織りの生地は、糸を染めてから織りあげたものを言いますが、紬は、その糸をつむぐときに特徴があります。

着物の種類の見分け方 仕立て方・素材・織り方・染め方・色・柄・柄付け

『きもの』と、ひと口に言っても、着る物という意味では広すぎます。衣服全般としての着る物には洋服も含まれますが、ここでは和服に限ってということで考えていきます。日本の着物、つまり昔から日本人が着てきた着る物という意味においての、『きもの』について考えます。着物の分け方では、女性もの、男性もの、子供用のものに分かれ、それらは用途別に分けることが出来ます。その着物を着る人の年齢や立場によっても分けられ、着用する場面によっても違ってきます。着物自身の格と、柄の付け方による格があり、着物の仕来りと言われる決まりごとの中にも格があります。着物の種類の見分け方では、仕立て方・生地の素材・生地の織り方・染め方・色・柄・柄付けという、きものの特徴別に分類し、それぞれの特徴をまとめてみました。

色無地の着物のコーディネート 紋と格式 色や地紋の選び方と小物の合わせ方

色無地の着物は、多彩な模様染めの着物と違い、用途に応じて着分けることができる、利用範囲の広い一色染めの着物です。一枚の着物が、帯や小物で見違えるほど印象が変わるのも、色無地の着物の特徴です。色無地の着こなしをマスターすれば、きものの楽しみ方がぐっと広がります。いろいろな場面の色無地のコーディネートで、着物の世界を広げて下さい。

振袖とは 未婚女性の第一礼装 成人式や結婚式に着るときの着こなし方は?

振袖とは、どのようなきもののことを言うのでしょうか。袖丈が長い着物ということはわかっていても、どのくらいの長さがあるものなのでしょうか。背の高い人と低い人で、振袖の袖の長さはどう違ってくるのでしょうか。模様の付き方や、色柄など、振袖を選ぶときの、選び方のポイントは何なのでしょうか。帯も結び方や、小物の合わせ方で、知っておきたい着こなしのポイントをまとめました。振袖を選ぶときのご参考になればと思います。

失敗しない着物の買い方と選び方 訪問着と付け下げ 小紋を着分ける方法

着物を買いたいと思っても、どこへ行けばいいのか、どんな品がよいのか洋服なら迷わず選べても、どうすれば悔いのないきもの選びができるのでしょうか?『いざというとき』は、人によって違いますが、『洋服ではちょっと…』というときや、改まったお洒落をしたいとき、きものは祝賀会やパーティーに一枚あれば便利!ということもあります。そんな着物の選び方についてまとめてみました。

訪問着とは、いつ着る着物で柄の付き方や紋の付け方 コーディネートの仕方は?

訪問着、それは華やかで、それでいて落ち着いた大人の女性を感じさせます。どこかを訪問する時に着る着物だから訪問着っていうの?訪問着はいつ、どういう時に着る着物かということですが、訪問着の用途はとても広いのです。着るものはTPOに合わせると言います。『時、所、場合』 訪問着は、その着こなしでどのようにでも合わせることができる、便利な“よそいき”の衣装です。訪問着の着こなしというと、難しいきものの仕来りのように感じますが、基本は『相手を思い合う心』きものの着こなしは、これに尽きると思います。

着物の種類の見分け方は? 付け下げと訪問着 付け下げ訪問着の違いは何?

着物の種類の見分け方で、付け下げと呼ばれるものは、どういう着物のことをいうのでしょうか?訪問着と付け下げ訪問着はどう違うのか、わかりにくいですよね。付け下げ、訪問着、付け下げ訪問着、そして付け下げ小紋、それらの違いを、仕立てる前の状態・柄付け・八掛・用途について、どのように違うのかをまとめました。

袷の着物を着る時期はいつからいつまで?長襦袢や小物の合わせ方は?

袷の着物を着る時期はいつからいつまでなのでしょうか?着物を着るときに気になるのが、「この着物は今着てもいいのだろうか?」って、着る着物に悩んでしまうことですね。決まりごとに縛られていて、面倒臭いと思われていませんか?着物も洋服と同じ『衣服』です。「暑いなー!」とか「寒いよー!」その感覚で着ればいいと思いますよ!