ゆかた一覧

子どもの浴衣 肩上げや腰上げは何歳まで?どうして作るのかその位置を簡単に!

子供の浴衣を買うときは、何年か着られるように、少し大きめのサイズを購入するのが一般的です。しかし、そのままでは大きすぎるので、裄(ゆき)にタック(つまみ)をとって詰めるのを「肩上げ」と言います。また、身丈にタックをつけて着丈を詰めるのを「腰上げ」と言います。子供の浴衣の肩上げや腰上げは、大きめの着物をぴったり着るためのものです。昔は、女の子が13歳になったのを祝う行事の、「十三参り」までは肩上げをするという習慣もあった様です。お参りが済んだら、肩上げを外すことができて、それからは肩上げのない、大人物の着物を着られるようになっていたそうです。肩上げや腰上げなどの身上げには、「子どものこれからの成長を願う」という意味が込められています。肩上げや腰上げが必要なくなると、少し大人に近づきますね。

浴衣をレンタルして京都の祇園祭を楽しもう!値段も安くヘアセット付き翌日返却もあります!

浴衣をレンタルするなんて…って思うのは、もう古い!夏のイベントには、やっぱり浴衣を着ていきたくなりますよね。特に夏祭りや花火大会などは、彼氏といっしょに浴衣を着て行きたいですよね。でも、いざ浴衣を着るとなると、浴衣だけでなく、帯やら紐やら、用意するものがたくさんあり過ぎて、めんどくさくなってしまいます。実際、浴衣を着るときって、一年に何回もあるわけじゃないし、帯や下駄など、小物も合わせると意外と場所を取ってしまったり、保管状態にも気を使わなければいけません。そんな時、レンタル浴衣なら、必要なときだけ浴衣を楽しめて、使い終わったらそのまま返却すればいいのですから、用意する手間も、置いておくところも気にしなくていいのです。自分の浴衣だったら、着終わった後、クリーニングしたりするだけでも、けっこう高くつきます。第一、毎回違った色や柄のものを着られるし、浴衣と帯との組み合わせも、いつもおんなじ^^^なんてことにならないのです。

メンズ浴衣の着付け 簡単な補正の仕方と着崩れしないコツは裏技の着こなし!

夏祭りや花火大会、浴衣を着たカップルって素敵ですね!彼氏の浴衣姿に、思わず惚れ直してしまうかも!そんな時、自分で浴衣を着られない彼氏に、あなたが着せてあげることができたら、彼氏もあなたのことを惚れ直すに違いありません。メンズ浴衣の着付けは、ちょっとしたコツと裏技を知っていれば、簡単に、着崩れせず苦しくない着付けが手早くできます。あなたの女子力に彼氏もズッキュン!です。

浴衣の粋な着こなしのコツは?大人ゆかたの選び方と着付けのポイント

夏になると街で浴衣姿をよく見かけるようになります。若い女の子の間で、年々浴衣人気は盛り上がり、昼間でも、浴衣姿で京都観光する人が増え、外国の方も浴衣を楽しんでいます。夏祭りや花火大会では、カラフルで大胆な色や柄の浴衣が多い中、ちょっと大人っぽい、粋な浴衣姿も素敵だと思いませんか?そんな大人っぽい粋な浴衣を着こなして、夏の夕暮れ、夕涼みなどに出かけてみたいですね。艶っぽい大人の粋な浴衣を、上品に着こなすコツについてお伝えします。粋な大人の女性に変身して、浴衣姿で夏の夜を、優雅に過ごしてみませんか?

浴衣のきれいな着方のポイントは裾合わせと衿袷わせ おはしょりのコツ

夏の夕暮れには浴衣を着て、夏祭りや花火大会にお出かけしたいですね。ゆかたの着付けは、裾合わせと衿袷せが決まればバッチリです。浴衣のきれいな着方のポイントを、手順を追って説明しています。あとは着崩れしにくいポイントをマスターして、ゆかたでのお出かけを楽しんでください。

浴衣の履物 下駄の歴史とは?サイズの選び方と鼻緒ずれで痛くならない方法は?

浴衣を着た時の履物は下駄です。涼しげに浴衣を着こなすには足元も涼しげに、素足に下駄を履きますが、そんな下駄の歴史についてまとめてみました。そして、下駄を選ぶとき、どんなことに注意すれば、自分に合った下駄を見つけることができるのでしょうか。また、普段履きなれていない下駄を履いて、鼻緒ずれで困っている人を良く見かけますが、痛い鼻緒ずれにならない方法について、提案したいと思います。ぜひ参考になさってください。

浴衣と着物の違いを知って 大人っぽい 粋な着こなしを楽しむ方法とは?

夏になると、花火大会や夏祭りなどで、若い女性の浴衣姿をよく見かけるようになります。やはり日本人は浴衣がよく似合いますね。でも昔に比べて、浴衣の色や柄が随分変わってきました。色使いも鮮やかでビビットな原色が多く、柄も斬新な抽象柄や大胆な幾何学模様が多く見られます。みなさん夏の夜を満喫しているようで、楽しそうでいいなぁ~って思いますが、少々暑苦しさを感じるのは私だけでしょうか?やっぱり浴衣といえば、定番の藍染ゆかたが一番です。若さ弾ける時代は良いとして、もう少し大人になった女性には、しっとりとした艶やかさや、涼しげで粋な着こなしをお勧めします。毎年、新しいデザインの浴衣を買って着るという人もいますが、チョットいい浴衣をひとつ持っていれば、長く着ることができますよ!大人っぽい粋な着こなしをご紹介します。