きもの お着楽ざんまい

着物を愛する人が着物の基本を踏まえたうえで、基本に縛られることなく応用し、個性を発揮し、何よりも着物を大いに楽しんで欲しいと願います。

ゆかた

子どもの浴衣 肩上げや腰上げは何歳まで?どうして作るのかその位置を簡単に!

投稿日:

子供の浴衣を買うときは、何年か着られるように、
少し大きめのサイズを購入するのが一般的です。

しかし、そのままでは大きすぎるので、
裄(ゆき)にタック(つまみ)をとって詰めるのを「肩上げ」と言います。

また、身丈にタックをつけて着丈を詰めるのを「腰上げ」と言います。

 
子供の浴衣の肩上げや腰上げは、
大きめの着物をぴったり着るためのものです。

昔は、女の子が13歳になったのを祝う行事の、
「十三参り」までは肩上げをするという習慣もあった様です。

お参りが済んだら、肩上げを外すことができて、
それからは肩上げのない、
大人物の着物を着られるようになっていたそうです。

 
肩上げや腰上げなどの身上げには、
「子どものこれからの成長を願う」という意味が込められています。

肩上げや腰上げが必要なくなると、少し大人に近づきますね。

スポンサーリンク
  

子どもの浴衣に肩上げや腰上げをするのは何歳まで?

 
肩上げや、腰上げは、
子どもの成長に合わせて長さを調節するものです。

肩上げが要らなくなるのは、
年頃になり、幼さがなくなってくる5、6年生位までです。

だいたい、12歳くらいまでです。

体が大きくなって、その浴衣の仕立ての裄が、
ぴったりで着られるようになったら、肩上げや腰上げは必要ありません。
 

子どもの浴衣に肩上げや腰上げをどうして作るのか?

 
子どもの成長は日々目まぐるしいので、大きめの着物を用意して、
その時の体の大きさに合わせて「上げ」をとって着せます。

 
成長したら、上げをほどいて、
丁度いいサイズになるように直します。
 

★肩上げの仕方

〈肩上げ寸法を測る〉

浴衣の裄の長さを測ります。

次に、首の後ろの付け根にあるグリッとしたところから、
腕を斜め下45度に下げ、肩を通って、
手首外側のグリッとしたところまでの長さを測ります。

肩上げ寸法は、この2つの差です。

 
〈上げ山の位置を決める〉

肩幅の半分の位置を上げ山にします。

後ろは袖止まりの2センチ上の高さまで真っ直ぐ、
前は袖がわに1センチ斜めに取ります。

 
〈肩上げ寸法の半分をつまむ〉
 
上げ山から左右均等に肩上げ寸法の半分をつまみ、
まち針で固定します。
後ろは、下の方で肩上げ寸法の半分よりも1センチ少なくします。

 
〈二段落としで縫う〉
 
上げ山を袖がわに倒して、
表側が細かい目になるように二段落としで縫います。

二段落としとは、
長く糸を出す→二針縫う→長く糸を出すを繰り返す縫い方です。

これによって、表側に出る縫い目が目立ちにくくなります。

★腰上げの仕方
 
〈腰上げ寸法を測る〉

スポンサーリンク

腰上げは、はじめに子どもの背丈を測ります。

首の付け根から、足のくるぶしの隠れるところまでを測り、
着丈とします。

 
着物の丈から、着丈を引いた残りの長さが腰上げをする寸法です。

〈上げ山の位置を決める〉

【身丈-腰上げ寸法の半分】の半分の位置を上げ山にします。

 
〈腰上げ寸法の半分をつまむ〉
 
上げ山から上下均等に腰上げ寸法の半分をつまみ、
まち針で固定します。

この時、右側の衿端は1センチ余分につまみます。

 
〈二段落としで縫う〉

上げ山を下側に倒して、
表側が細かい目になるように二段落としで縫います。

この時、左側の衿端は、
着たときに上になるので、きちんと揃えて縫います。

子どもの浴衣に肩上げや腰上げを作る位置を簡単に決めるには?

 
肩上げの位置は、背中心から袖付けまでの幅を二等分して、
その中心を「あげ山」とします。 

この上げ山を「上げ止まり」まで真っ直ぐに通します。

肩上げ: 肩上げの位置は、肩幅×1/2のところを「上げ山」にします。
    
肩上げの寸法の1/2が、上げの深さです。
 
後ろ: 肩山から袖つけ止まりの入りの位置まで、
上げ山の縫い目を真っ直ぐおろします。

上げ山をつまんで、肩山から袖つけ止まりまで、あげをします。
 
前: 前は、あげ山を袖つけ止まりのところで、
袖つけ側に一センチ少なくします。

後ろと同じ様に肩山から袖つけ止まりまで上げます。  

浴衣を着たときに、胸周りの幅を広くして、
襟合わせをよくするために、
前の上げ山を袖つけ側に1センチ寄せて、
あげの深さを後ろよりも1センチ少なくします。

浴衣の身丈から、
子どもの着丈を引いた残りを「あげしろ」と言います。

この二分の一が、「あげ」の深さになります。

腰上げの位置は、着丈の五分の三を肩山から測って、
そこを「あげ山」とします。

「あげ山」を中心にして、上下にあげの深さを測ります。
 
腰上げ山の位置は、背中心で決めます。

2~6歳児は、
【着丈+上げ寸法の1/2】の半分のところ、

7~9歳児は、
【着丈+上げ寸法の1/3】の半分のところが標準です。

あとがき

浴衣の上げをほどいて再度縫い直したりすると、
子どもの成長を感じますよね。

ひと手間かけて、長く着させてあげたいと思います。

スポンサーリンク

-ゆかた
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

メンズ浴衣の着付け 簡単な補正の仕方と着崩れしないコツは裏技の着こなし!

スポンサーリンク 夏祭りや花火大会、 浴衣を着たカップルって素敵ですね! 彼氏の浴衣姿に、思わず惚れ直してしまうかも! そんな時、自分で浴衣を着られない彼氏に、 あなたが着せてあげることができたら、 …

浴衣の粋な着こなしのコツは?大人ゆかたの選び方と着付けのポイント

スポンサーリンク 夏になると街で浴衣姿をよく見かけるようになります。 若い女の子の間で、年々浴衣人気は盛り上がり、 昼間でも、浴衣姿で京都観光する人が増え、 外国の方も浴衣を楽しんでいます。 夏祭りや …

浴衣と着物の違いを知って 大人っぽい 粋な着こなしを楽しむ方法とは?

スポンサーリンク 夏になると、花火大会や夏祭りなどで、 若い女性の浴衣姿をよく見かけるようになります。 やはり日本人は浴衣がよく似合いますね。 でも昔に比べて、浴衣の色や柄が随分変わってきました。 色 …

浴衣をレンタルして京都の祇園祭を楽しもう!値段も安くヘアセット付き翌日返却もあります!

浴衣をレンタルするなんて…って思うのは、もう古い! 夏のイベントには、やっぱり浴衣を着ていきたくなりますよね。 特に夏祭りや花火大会などは、 彼氏といっしょに浴衣を着て行きたいですよね。 でも、いざ浴 …

浴衣の履物 下駄の歴史とは?サイズの選び方と鼻緒ずれで痛くならない方法は?

スポンサーリンク 浴衣を着た時の履物は下駄です。 涼しげに浴衣を着こなすには足元も涼しげに、 素足に下駄を履きますが、 そんな下駄の歴史についてまとめてみました。 そして、下駄を選ぶとき、どんなことに …

★お着楽ざんまい300×600

スポンサーリンク



きもの三昧関連コンテンツユニット



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。