文様と柄

文様と柄

家紋とは誰がいつから使うようになったかのか?種類とルーツの調べ方は ?

自分の家の家紋をご存じですか?剣片喰、抱き茗荷、五三の桐…色々ありますが、今の時代、家紋を用いるということが少なくなっています。家紋が必要な場面が少ないので、自分の家の家紋を知らないという人も増えてきていますが、ご先祖様にとっては大切なものなのではないでしょうか。この家紋というものは、いつだれが使うようになったのか、そのルーツについてお伝えします。
文様と柄

日本の伝統文様 矢絣の持つ意味や由来と矢羽根模様が縁起が良いといわれる理由と違いは!

着物などに用いられる和柄の“矢絣”という模様をご存じですよね。矢絣といえば、卒業式の袴姿や、大正ロマンを思わせる着物の柄として、また、時代劇の映画で、大奥の奥女中さんの衣装なんかによく見かける柄です。矢絣は昔から人気のある着物の柄の一つですが、今でも若い人だけでなく、着物の柄としてたくさんの人に愛され、親しまれています。
文様と柄

着物の柄の種類や名前 模様の意味と着る季節はいつ頃で和柄の歴史は?

着物の種類によって柄や模様の配置の仕方があり、 その着物の柄や模様にはたくさんの種類があります。 それらの柄や模様に付けられた名前には意味があり、 柄や模様は着物を着る季節を表しているものがあります。 一枚の着物はい...
文様と柄

着物の柄 文様の種類一覧と和柄の持つ意味とは?伝統文様の歴史と時代様式

着物の柄 文様とは模様のことですが、家紋や地紋も文様表現のひとつです。きものや帯に、色糸で織り出されたり、色彩で描かれたりする文様は、数え切れないほどの種類があります。それらは卓越したデザイン性を持っていて、日本人の感性の素晴らしさそのものです。古くから伝わる伝統的な文様の数々をご紹介します。