見分け方一覧

紬の着物の種類と特徴や産地別の見分け方 大島紬 牛首紬 結城紬とは その定義のまとめ

紬の着物と言えば大島紬や結城紬が知られていますが、その他産地別では、牛首紬や塩沢紬 十日町紬など、伝統工芸品に指定されているものもたくさんあり、とくに、大島紬や結城紬と言えば、高価なことでも有名です。織りの生地は、糸を染めてから織りあげたものを言いますが、紬は、その糸をつむぐときに特徴があります。

着物の種類の見分け方『染め』と『織り』とはどう違う?用途と格について!

着物の種類の見分け方、きものには染と織りがあります。きものが普段の生活から遠ざかり、着物の常識を難しく思う人が多くなったかも知れません。でも、そんなことはありません!きものの種類には、基本的に『染め』と『織り』の二つだけです。この違いによって、フォーマル度や、着物の雰囲気が変わってくるのです。それを知れば、着物の用途や格についても、見分けることは難しくありません。