長襦袢

和装小物

長襦袢の読み方や由来はなに?肌襦袢や半襦袢との違いと用途や仕立て方の違いは?

“長襦袢”という漢字の読み方は『ながじゅばん』です。そして「“襦袢(じゅばん)”は、外国語です!」というと、まさか~!って思われるかもしれませんね。でも、それは本当で、合羽(CAPA)天ぷら(TEMPORA)ひりゅうず(FILHOの複数形)金巾(CUEQUIN)などのように、ポルトガル語から転訛した言葉なのです。“襦袢”という言葉が、一般に使われるようになったのは、江戸時代になってからのことなのです。襦袢という言葉が、それまで何と言っていたのか、どうしてそのような形になっていったのか、言われてみれば、知っているようで知らなかったことってたくさんありますね。そもそも長襦袢とは何で、何故、長襦袢といわれるようになったのか、肌襦袢や半襦袢とはどのようなもので、どうしてそれができてきたのかをまとめてみました。
和装小物

二部式襦袢と長襦袢の違いはどこ?うそつき襦袢や大うそつき襦袢とは何?

洗える二部式襦袢は、便利で楽だと人気です! いま話題の洗える二部式長襦袢をご紹介します!
和装小物

単衣の着物を着る時の長襦袢の選び方は?適した素材 色使いと半衿の素材は?

単衣の着物を着るときの長襦袢の選び方に、 悩まれている方が多いようです。 着る場面によっての決まりごとがあって、 きものは難しいと感じられる方が多いのですが、 地球温暖化の影響もあって、 時期と体感温度が昔とは違ってき...