帯の種類 織り方一覧

帯の織り方の種類には、西陣織と呼ばれる錦 佐賀錦や唐織、綴織があります。

きものに染の着物と織りの着物があるように、帯にも染めの帯と織りの帯があります。一般的に、きものの場合は、染の着物は礼装や準礼装用として用いられ、織の着物はお洒落着や普段着ですが、帯はまったく逆になります。主に織の帯は礼装や準礼装に、染の帯はおしゃれ用に用いられます。帯の種類で織りの帯の中でも、フォーマルに用いられることの多い錦織、唐織、綴織など、『帯は西陣』で有名な京都の西陣で織られている、帯についてまとめてみました。