子どもの浴衣一覧

子どもの浴衣 肩上げや腰上げは何歳まで?どうして作るのかその位置を簡単に!

子供の浴衣を買うときは、何年か着られるように、少し大きめのサイズを購入するのが一般的です。しかし、そのままでは大きすぎるので、裄(ゆき)にタック(つまみ)をとって詰めるのを「肩上げ」と言います。また、身丈にタックをつけて着丈を詰めるのを「腰上げ」と言います。子供の浴衣の肩上げや腰上げは、大きめの着物をぴったり着るためのものです。昔は、女の子が13歳になったのを祝う行事の、「十三参り」までは肩上げをするという習慣もあった様です。お参りが済んだら、肩上げを外すことができて、それからは肩上げのない、大人物の着物を着られるようになっていたそうです。肩上げや腰上げなどの身上げには、「子どものこれからの成長を願う」という意味が込められています。肩上げや腰上げが必要なくなると、少し大人に近づきますね。